s15 最高1929 レジスチル入りカビマンダガルド


f:id:yanasy_poke:20190618010838j:image

 

構築経緯

前期のパーティを使っていると意地マンダが最強のポケモンに見えたので意地ASマンダを軸に組み始めた。

マンダのクッションとして相性がいいと思った慎重HBDフィラカビゴン、多くのポケモンのストッパーになれるHABミミッキュ、ステロ撒きとして優秀な共有カバルドン、カグヤなどの低速サイクルを崩すための剣舞霊Zガルド、ここまでで重いグライ入りサイクルやカバルドン、レボルト、サンダー、ハッサム対策として控えめHDマゴレボルトを採用した。

しばらくはこの6体で戦っていたがゲッコウガ、サンダー、ガルド入りに苦戦を強いられることが多かったためカバルドンを慎重HD残飯眠るレジスチルに変更した。

 

パーティ 

レジスチル@残飯

地震/電磁波/ステロ/眠る

慎重H252A52B20D148S36

H-D:1↑252コケコの10万Z確定耐え
A:H28B4振りコケコを98.4%で乱2
S:麻痺準速ミミッキュ抜き

眠るによって数多のポケモンのPPを枯らすポケモン

種族値ギルガルド以上の耐久を持っており、アーゴヨンに後出しして電磁波などの動きをすることが出来た。

役割対象のゲッコウガはめざ炎でも眠るで受かっており、激流ゲッコウガは熱湯+熱湯急所+ハイドロカノンZを臆病なら確定で耐えるため激流圏内に入れないように、サンダーは熱風×2+熱風急所を無振りならほとんど耐えるので眠るでPPを枯らしていた。(C振りやボルチェン持ちだと辛いためサンダーをレジスチルに一任する選出はなるべく避けた)

 

ボーマンダ@メガ石

捨て身/地震/竜舞/羽休め

意地H4A252S252

唯一のメガ枠のためほとんどの試合でこのポケモンをどう通すかを意識して選出をしていた。

特筆すべきことはあまりないがヤドランにメガボーマンダを一任している受けループはレジスチルとヤドランが対面すると毒々を嫌って引いてくるので、ステロを撒いてステロ+捨て身×2でヤドランを倒してイージーウィンなどの試合もあった。(ダメージ193〜224)

 

ギルガルド@霊Z

シャドクロ/聖剣/影打ち/剣舞

意地H172A252S84

H:2n-1
H-B:A200一致地震最高乱数以外耐え
S:残り、最速以外の大体のカグヤを抜ける

決して弱い訳ではなかったが何かもっといいポケモンがいたのではないかと思う枠。

カビゴンメタグロスが重いためこの2体がいる時はほとんど選出していた。

 

ミミッキュ@ミミZ

シャドクロ/じゃれつく/影打ち/剣舞

意地H196A156B148D4S4

テンプレHABミミッキュ

この枠ももっといいポケモンがいたと思う。

ガルランドになるべく出してランドを役割集中で倒す役割をしてくれた。

 

カビゴン@フィラの実

恩返し/地震/欠伸/リサイクル

慎重H164A36B140D164S4

H:4n
H-B:特化ミミッキュのぽかぼか+呪い1回確定耐え
H-D:特化レボルトのめざ氷+格闘Zほぼ耐え

メガボーマンダが辛い相手の多くに有利を取れるため、後出しして欠伸で再びマンダを展開する動きを取りやすかった。

マンムーが非常に重いためカビゴンで強引に削る動きをよく取った。

 

レボルト@マゴの実

10万/気合玉/めざ氷/挑発

控えめH236B68→36C68D124S12→44

H:4n
H-B:1↑252メガギャラの氷の牙確定耐え
H-D:252レボルトのめざ氷木の実込みほぼ3発耐え
S:準速キノガッサ抜き→最速カグヤ抜き抜き抜き
C:余り

相手のレボルトを見るために採用し、相手のめざ氷に後出ししたとしても勝てることが多かった。

サンダーを意識してSを少し上げたが、最速ガッサ抜きなどもいたため抜かれることもあった。

 

重い構築

全部